ディベートで、あなたの人生を変えてみませんか?

MENU

主語を入れよう|ディベートdeコミュニケーション研修

主語を入れよう

その E-MAIL ちょっと待て!

パートナーさんと喧々諤々のミーティングをした後ミーティングのサマリーと依頼事項をまとめて英文にして上司に送り、次のアクションをディスカッションしようとします。

Yuji
We had very productive meeting and we understand the discount rate of XXX should be very beneficial...
私たちは、大変有益なミーティングを持ち、私たちはXXXのディスカウントが利益があることを理解した...

WE て誰? WHO IS “WE”

私たちって誰???なのでしょうか? 交渉をしているパートナーさんも入れた、”We” で交渉していたみんなでこのディスカウントレートならいいねと言っているのか、交渉している当社側で当社としては、このディスカウントなら当社側にメリットがあると判断したのでしょうか?

これでは、全く意味不明です。

WeでMailを送ると、上司から、

Boss
Yuji, So who is we, will you clarify?
ユージ、Weって誰のこと?

と即返ってくるのが目に見えるようです。

日本語には主語が無い

英文の e-mail では、私も含めて昔から習ってきた英文の習いで、We で文章を始める癖がついています。
これは、実は日本語というのは大変便利な言語で主語がなくても成立するのです。

日本語の文書の60%は主語がないと言われています。
主語のない日本語の文書を主語が必須の英文にするときに、一般的にするために ”We” が便宜的に当てられてきたのですね。

また、責任関係をあまり明確にしないように個人に寄せないようにという配慮からも、We は誰が言ったかやったかわからないまま、私たちがやりましたと言える便利な主語だったのです。

主語が無いから無責任

ただ、このままでは、せっかくまとめようとしているものも全くまとまりません。
英語で主語は、地図で言えば経度、緯度のように会話の起点になるものですから、これがわからないと誰と話しをしていいかもわからなくなります。

勇気を持って、E-MAILは ”I” で

Weで書き始めたメールがあったら、そこは、一呼吸置いて、勇気を持って、”I”(私)で始めましょう。

Yuji
I had very productive meeting and I understand the discount rate of XXX is beneficial.
大変有意義なミーティングを持つことができて、XXXのディスカウントは有益だと判断するに至った。

今度、上司は、きっと...

Boss
Yuji, Glad to hear you have productive meeting, then let me know why you think XXX is beneficial. Let’s discuss and get the approval when that makes sense to us.
ユウジ、いいミーティンでよかったね、XXXディスカウントの理由を教えてくれ、打ち合わせをして、なるほどと理解できるものだったら、承認を取りに行こう。

会話を前に進めることができます。



ディベート教育株式会社では、ディベートでコミュニケーション力を強化できる企業研修を行っております。

【ディベート企業研修一覧】

ディベートdeコミュニケーション研修

ディベートde提案力研修

ディベート講演

体験ディベートセミナー

初級研修プログラム

英語研修プログラム

【アニメ動画】ディベートdeコミュニケーション研修

お気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料メルマガ登録でイーブック プレゼント!

論理的説明ベーシックのまとめ|ディベートdeコミュニケーション

ディベート技術を用いてビジネス能力を高めるための最新の事例やヒントが学べます。 NEW

【新着アニメ】ディベートdeコミュニケーション

電話会議3|ディベートdeコミュニケーション

電話会議3NEW

【アニメ動画】ディベートdeコミュニケーション研修

PAGETOP
Copyright © Debatekk All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.