ディベートで、あなたの人生を変えてみませんか?

MENU

MBAが教える経営者研修: 取締役及び執行役員向け

  • HOME »
  • »
  • MBAが教える経営者研修: 取締役及び執行役員向け

取締役及び執行役員が、経営の基本的知識を習得するための研修です。

経営環境は年を追うごとに複雑化しております。

コーポレートガバナンスコードでは取締役・執行役員は企業の持続的成長と中長期にわたる企業価値の向上を求められております。

一方、スチュワードシップ・コードでは、機関投資家との目的をもった対話を求められております。

機関投資家には、従来のような安定株主は減り、物言う株主が増加しており、積み上がる内部留保に対して、M&Aを含む投資か配当及び株式取得を含む株主還元を迫ります。

投資判断には、MBAプログラムで習得するコーポレートファイナンスと言われる高度な知識が必要とされますが、こうした知識は通常の経営層向けの研修では習得することは難しいのです。

即ち、このように急激に変化する経営環境に対応すべく、経営者は新たな経営知識の習得が必要なのです。

しかしながら、取締役及び執行役員には、多忙を極める日常のなかで時間を割くことは難しい状況です。

そこで、本研修では、10名程度の少人数で、半日から1日で経営の基本的知識の習得を目指します。

1.コースの目標

  • 取締役及び執行役員が短時間で経営の基本的知識を身につけること

2.参加をおすすめする人

取締役及び執行役員。現在就任している役員だけでなく新任役員の研修プログラムにも最適です。

3.コース前提資格

特にありません

4. プログラム内容

1:  財務諸表を理解する
・B/S、P/L、C/F(キャッシュフロー計算書)
・財務分析
・その場で参加者の方々に、会社設立後の第1期末のB/S, P/L, C/Fを作成していただき、財務諸表の相互関連性、財務分析との関連性についてを理解を深めます。
2: 経営の本質
・株主会社は誰のものか?
・資本コスト、株主資本コスト、 ROE
・内部留保、株主還元(配当及び配当性向、自社株取得)、投資の評価(IRR、NPV、M&A)
・資本コストの構成要素や計算の仕方、投資判断では資本コストでなくハードルレートを使うべき理由、投資判断の基本の現在価値(PV)、IRR、正味現在価値(NPV)、NPV計算に必要な割引率等について、具体例で学びます。
3: 投資家を理解する
・現在日本の株式市場に最も影響を与えている海外投資家がもたらす変化
・機関投資家はどのように投資判断をするのか?  
・企業価値(バリュエーション)を実例で計算することで、積み上がった現金の意味合い、理論株価と現実の株価の乖離、そしてM&Aをする場合の注意点、投資判断と投資前に何をすべきだったかなど実例を使いながら体得します
4: コーポレートガバナンスコードとスチュアードシップ
・経営の「監督と執行の分離」
・機関投資家との「目的を持った対話」と議決権行使助言会社
・ガバナンス問題 
・非財務情報(ESG)  
・今経営者として何をすべきか?

この他にも、貴社ニーズに合わせてセミナー内容をカスタマイズできます。

5.研修時間及び費用目安

  • 半日(3時間)研修:標準価格30万円/社(税別・出張旅費別)
  • 定員: 10名程度

お気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料メルマガ登録でもれなくeブックプレゼント!

働き方改革を活かす16の事例

「 働き方改革を活かす16の事例」は具体的な16の成功事例を90ページに渡り解説するビジネスマン必読の事例集。実務に活かせるヒントを学ぼう! NEW

【新着アニメ】ディベートdeコミュニケーション

電話会議4|ディベートdeコミュニケーション

電話会議4

PAGETOP
Copyright © Debatekk All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.