スポンサーリンク

今回は、取締役及び執行役員向けの研修を紹介いたします。

経営環境は年を追うごとに複雑化しております。

コーポレートガバナンスコードでは取締役・執行役員は企業の持続的成長と中長期にわたる企業価値の向上を求められております。

一方、スチュワードシップ・コードでは、機関投資家との目的をもった対話を求められております。

機関投資家には、従来のような安定株主は減り、物言う株主が増加しており、積み上がる内部留保に対して、M&Aを含む投資か配当及び株式取得を含む株主還元を迫ります。

投資判断には、MBAで習得するコーポレートファイナンスと言われる高度な知識が必要とされますが、こうした知識は通常の経営層向けの研修では習得することは難しいのです。

即ち、このように急激に変化する経営環境に対応すべく、経営者は新たな経営知識の習得が必要なのです。

しかしながら、取締役及び執行役員には、多忙を極める日常のなかで時間を割くことは難しい状況です。

そこで、本研修では、10名程度の少人数で、半日から一日で経営の基本的知識の習得を目指します。

詳細は次からご覧ください。
MBAが教える経営者研修: 取締役及び執行役員向け

スポンサーリンク