スポンサーリンク

先週大相撲春場所は3月27日、エディオンアリーナ大阪で千秋楽を迎え、横綱・白鵬が横綱・日馬富士に勝って14勝1敗とし、4場所ぶりの優勝を果たした。しかし、千秋楽の横綱対決の大一番を白鵬は立ち合いの変化で勝利したため、観客からヤジが連発。白鵬は優勝インタビューで泣いてわびたのをご覧になった方も多いかと思います。

皆様は、横綱が勝つことを優先することに賛成ですか?反対ですか?

白鵬罵声浴び涙 大一番で変化…謝罪「申し訳ない」
出典  日刊スポーツ 2016年3月28日
前代未聞の謝罪Vだ。横綱白鵬が、注文相撲で横綱日馬富士を下し、自身の持つ最多記録を更新する36度目の優勝を果たした。左への変化であっさり決着をつけたことに、観客からヤジが連発。白鵬は優勝インタビューで「本当に申し訳ない」と泣いてわびた。(中略)
 荒れる春場所が、最後に大荒れになった。祝福の場になるはずだった白鵬の優勝インタビュー。観客からは拍手とともに、怒りの声が飛び交い、異様な雰囲気になった。
 「勝ったら何でもいいんか!」「そんなに懸賞金が欲しいんか!」…。

始めに、大相撲とは何かを確認してみましょう。

日本相撲協会によれば、大相撲は1500年以上続く国技といわれ、日本の伝統文化であるとしています。

では、何故横綱白鵬が勝利したことで罵声を浴び、本人は謝罪をしなければならなかったのでしょうか?

ここには、横綱の品格という問題が有るのです。

例えば、横綱の昇進を審議する横綱審議委員会は、理事長からの諮問を受け、横綱にふさわしい品格、力量があるかどうかを審議する(知恵蔵2015の解説)とあります。

即ち、勝ち負けである力量に加え、横綱には「品格」が要求されるのです。

そして、白鵬が「品格」で非難されるのは、今回だけはないのです。

2015年11月17日、大相撲九州場所10日目の白鵬・栃煌山の取り組みで、白鵬が「猫だまし」(主に立ち会い時、相手の目の前で両掌を叩き、撹乱させる技。)を使いました。
元横綱の北の湖理事長は「横綱としてやるべきことじゃない」と厳しく批判し、メディアも取組後、白鵬に対して「横綱としてふさわしくないのでは?」と報道しました(BLOGOS 2015年11月18日)。

初めに、横綱が勝つことを品格に優先することに、賛成する意見を見てみましょう。

まず、勝つことを優先しなければ、「相撲は実力勝負ではなく、ショーと化してしまう」とする意見を紹介します。

横綱になった力士は、例外なく勝って昇進してきたとし、「もし横綱が立ち会いで変化することがいけないなら、相撲は実力勝負ではなく、ショーと化してしまう」との指摘があります(オールアバウト 横綱に求められるのは「品格」か「強さ」か)。

更に、この記事は続けて、「歴史的大横綱双葉山は、引退後警察を相手に大暴れをして逮捕されたが、逮捕から9ヶ月後、双葉山は相撲協会理事に就任した」として、この事例が「この件は、「強さ」が「品格上の問題」を帳消しにした象徴的な例であり、そのことに相撲協会も国民も納得していた証拠といえる」としております。

また、タレント、マツコ・デラックスは、「強いことが優先の横綱がいてもいい」と理解を示しております。

一方、友添早稲田大学スポーツ科学学術院教授は、「最高位の横綱・白鵬をはじめ多くの外国人力士が幕内上位にいることの事実は、まさに現代の大相撲が力士相互の全力を傾けた卓越性の追求としてのスポーツであることを物語っている」としております。

次に、横綱には「品格」が必要と、単に勝つことには反対の意見を見てみましょう。

白鵬が「猫だまし」で勝利したことに、北の湖理事長は「やる方もやる方。横綱がなんて、前代未聞」と吐き捨てたと報道されております(日刊ゲンダイ2015年11月18日)。

元小結の舞の海秀平氏は、いま大相撲を支えているモンゴル人は「お金を稼いで、祖国の両親、家族の面倒を見る」目的で相撲をとっているとしたうえで、相撲が日本の伝統文化、伝統芸能であり、神事であることを忘れてはいけないと戒めております(出典『月刊正論』 2014年7月号)。

また、スポーツライターの玉木正之氏は、大相撲にスポーツ的な要素が強くなり、「ガチンコ」ばかりでは怪我人が続出し、ファンの不満が募ったこともある例を引き合いにして、「神事、スポーツ、興行という3本柱のバランスが保たれ、今日まで相撲という日本文化は維持されてきた。大相撲が格闘技としてのスポーツでもあると同時に、神事でもあり興行でもあることを勘案すれば、「情」や「阿吽の呼吸」や「気」に基づく「出来山」も「盆中」も「気負け」も、相撲界の常識」として、「相撲はスポーツではない」と明言しております(出典 玉木正之ネットワーク 2011-02-09)。

以上、横綱が勝つことを品格に優先することに、賛成と反対の意見を見てきました。

皆様は、賛成ですか?反対ですか?

なお、下記には全文が掲載されております。
横綱白鵬の千秋楽での立ち合い変化で優勝:賛成ですか?反対ですか?

このブログは、弊社メルマガに登録していただければ、ご覧いただけます。
メルマガ申込みフォーム(無料)

ディベート教育株式会社では、次のような企業研修を行っております。ご参考まで。
————【ディベート企業研修例】————
ディベート研修: 総合的ビジネス力習得
ディベート研修 管理職向け
ディベート研修: 切れる英語力習得

企業研修の総合案内

スポンサーリンク