ディベートで、あなたの人生を変えてみませんか?

MENU

ブログ

働き方改革

事例で学ぶ働き方改革:生活残業が無くなることが懸念なら残業をしなくても残業代を払えば従業員が自ら改革を進める

最近は働き方改革に大きな関心が寄せられており、毎日のように様々な取り組みが報道されております。 働き方改革の課題として長時間労働の是正がありますが、働き方改革が実行されると、8.5兆円とも言われる残業代が無くなってしまう …

事例で学ぶ働き方改革:長時間労働是正でダイバーシティを実現しイノベーションを創出できる企業へ変貌することが働き方改革の究極の目的

多くの企業が働き方改革に取り組んでおりますが、いったい何のために働き方改革を進めるのでしょうか? 勿論すべての企業に共通の目的があるわけでありませんが、「働き方改革」先進企業から先例を学ぶことができるはずです。 これから …

事例で学ぶ働き方改革:残業が年間44時間で「日本で最も残業が少ない会社」がイノベーションを目指す(丸井グループ)

今回は、働き改革に取り組む企業が多い中、サービス業でもあるにも関わらず既に残業年間44時間を達成している先進的事例を紹介したいと思います。 その企業は丸井グループです。丸井グループは、エポスカード(昔はマルイカードでした …

事例で学ぶ働き方改革:午後4時30分終業の1日7時間15分勤務でダイバーシティを実現する(味の素)

長時間労働是正を目標に掲げる企業が多い中、2017年4月から、味の素は朝8時15分始業、午後4時30分終業の1日7時間15分勤務に変更。所定労働時間を徐々に短縮し、実質的な賃上げにもなっている。20年までに所定労働時間7 …

事例で学ぶ働き方改革:従業員の8割がアルバイトにも関わらず自発的に顧客に感動体験を提供する(スターバックス コーヒー ジャパン)

日本の労働市場は外国に比べると規制が厳しく、余剰な人材の解雇が難しいため、従業員のロイアリティを向上させるという考え方は、日本の終身雇用をベースにした長期的な企業と従業員の関係においては有効だった。 しかしながら、最近は …

事例で学ぶ働き方改革:終身雇用制崩壊で従業員のロイアリティが低くなってしまった日本企業は新しい従業員と企業の関係「エンゲージメント」に転換すべき(エンプロイー・エンゲージメント)

日本の労働市場は外国に比べると規制が厳しく、余剰な人材の解雇が難しいため、従業員のロイアリティを向上させるという考え方は、日本の終身雇用をベースにした長期的な企業と従業員の関係においては有効だった。 しかしながら、最近は …

事例で学ぶ働き方改革:従業員満足度向上に必須の3つの動機(フェイスブック)

従業員満足度が高いと企業業績は大いに向上することは知られております。 しかしながら、働き方改革を推進している企業は2017年には73%と急増しているが、従業員の満足が得られている企業は28%にとどまっているのが実態です( …

事例で学ぶ働き方改革:従業員満足(ES)が奇跡を起こす、一人当たりの売り上げは他社の2.5倍で顧客から感謝状が絶えない長野県にあるタクシー会社(中央タクシー)

皆様は、従業員満足度(ES)が高いとどのくらい会社の業績が上がるか、考えたことがあるでしょうか? 働き方改革を推進している企業は2017年には73%と急増しているが、従業員の満足が得られている企業は28%にとどまっている …

事例で学ぶ働き方改革:「人工知能」AIと共存するためにはAIが苦手なことに特化する(ハーバードビジネスレビュー)

最近は、働き方改革は政界や経済界で最重要な課題のひとつとなり、マスコミで報道されない日は無いほどです。 取り組みの重点課題は、長時間労働是正です。 企業では、無理・無駄を無くし残業に対する意識改革をする一方、RPAロボッ …

事例で学ぶ働き方改革:PC作業を自動化するロボットRPAが引き起こす大リストラ(3メガバンク)

マスメディアで報道されている日が無いほど注目が集まっているのが、働き方改革です。 業務改革や会議の効率化など取り組む企業は多いのですが、人が行っていたPC作業をロボットで自動化するという大胆な施策を進めている企業を今回は …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © Debatekk All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.